提供される図面

提供価格

標準生産終了

ガントリークレーンの構成と安全上の注意事項

2019-11-19|製品ニュース

ガントリークレーンの構成

ガントリー クレーンは横の橋がガントリー構造を形作るために 2 本の足に置かれる一種のクレーンです。この種類のクレーンは地上トラックで動き、処理および取付けのために開いた貯蔵ヤード、ドック、発電所、港および鉄道の貨物駅で主に使用されます。

ガントリークレーンの昇降機構、トロリー走行機構、クレーン走行機構は、基本的には天井クレーンと同じです。スパンが大きいため、クレーンの傾斜や抵抗の増加、さらには事故を防ぐためにクレーン走行機構を別駆動することがほとんどです。

また、橋の片側を片持ちにしたり、両端を片持ちにして操作範囲を広げることもできます。半ガントリークレーン橋には、一方の端に脚があり、他方の端には脚がなく、滑走路の梁に直接走っています。

ガントリークレーンの構成と安全上の注意事項

操作上の注意事項

  1. 重量物を持ち上げる際には、フックやワイヤーロープを垂直に保ち、持ち上げる対象物を斜めに引きずってはいけません。
  2. 重心を見極めてしっかりと結んでください。鋭角でよくマット材を塗布します。
  3. 重りを地面から持ち上げる前に、クレーンが回ってこないようにしなければならない。
  4. 重りを上げたり下げたりするときは、速度が急激に変化して重りが空中で揺れて危険な状態にならないように、速度は均一で安定していなければなりません。重りを落下させるときは、重りを壊すときに落下しないように、速度が速すぎてはいけません。
  5. 昇降重量の状況下では、ブームの離脱・落下を避けるようにしてください。吊り上げ重量の条件でブームを吊り下げなければならない場合は、吊り上げ重量が所定重量の50%を超えないようにしてください。
  6. 重量を持ち上げる状況でクレーンが回転するときは、周囲に障害物がないかどうかに注意を払います。障害物がある場合は、それを避けるか、または取り除くようにしなければなりません。
  7. 職員は、クレーンの梁の下に留まり、人の通行を避けるようにしなければならない。
  8. 2台のクレーンが同じ軌道上で稼働しており、その間の距離は3m以上であること。
  9. 2 台のクレーンで 1 つの対象物を吊り上げる場合、吊り上げ重量は 2 台のクレーンの総吊り上げ重量の 75% を超えてはならない。2 台のクレーンの動きと吊り上げ動作が一致していること。
  10. 巻き上げ及び可変振幅鋼線ロープは、1 週間に 1 回検査を行い、記録を残すこと。具体的な要求事項は、鋼線ロープの巻き上げに関する関連規定に基づいて実施すること。
  11. 空荷で走行する場合は、フックは地上2mの高さにしてください。
  12. 風が6度以上吹いた場合は直ちに運転を停止する。TMKは風下方向にアームを回し、フックをしっかり掛けるために適切に下げなければなりません。ガントリークレーンは、良い鉄のくさび(停止レール)、および上限にフックを作らなければなりません。同時に、ドアおよび窓を閉めて下さい、力を断ち切って下さい、ケーブルの風ロープを引っ張って下さい。仕事の完了の後の通常の時にこれに従って扱われるべきです。
  13. クレーン台は、人身事故の操作で落下した場合には、雑多な物品や記事を積み上げることを厳禁しており、よく使う工具は手術室の専用工具箱に入れておく必要があります。
  14. 操作中に、突然速度を変更するか、または空気の振動の重量を引き起こさないように、逆にしないでください、また、同時に2つ以上(二次フックを含む)の操作を許可しないでください。
  15. 走行時には、操作者の手がコントローラーから離れないようにすること。急に運転ができなくなった場合は、安全にウエイトを着地させた後、電源を遮断して修理するなどの措置をとること。
ARTICLE TAGS.ガントリークレーン,天井クレーン
日本語
English Español Português do Brasil Русский Français Deutsch 한국어 العربية Italiano Nederlands Ελληνικά Svenska Polski ไทย Türkçe हिन्दी Bahasa Indonesia Bahasa Melayu Tiếng Việt 简体中文 বাংলা فارسی Pilipino اردو Українська Čeština Беларуская мова Kiswahili Dansk Norsk 日本語